車検合格の必須条件:デイ ライトの安全基準とは

 

デイライト(昼間走行灯)は、車両が昼間に運転する際に点灯するライトのことを指します。このデイライトは、車両の可見性向上に寄与し、特に明るい昼間の条件下でも他の道路利用者に車両をより目立たせることができ、交通事故の予防と安全性向上に貢献します。本記事では、デイライトの役割、車検合格に必要な安全基準、取り付け時の注意点について詳しく説明します。

車検合格の必須条件:デイ ライトの安全基準

デイライトの役割

デイライトの主な役割は以下の通りです。

1. 車の可見性向上

デイライトの点灯により、車両は周囲の環境に溶け込まず、他の道路利用者によりよく見えるようになります。これにより、対向車両や歩行者は車両の存在を早くに認識し、交通事故のリスクが低減します。

2. 交通事故の予防

特に視界が制限される場所や曲がり角などでデイライトが活用されると、対向車両に自車を目立たせることができ、交通事故を未然に防ぐ役割があります。デイライトの点灯により、車両同士の衝突リスクが低減します。

デイライトの車検合格に必要な要件

デイライトを車両に取り付ける際には、車検合格に必要な安全基準を満たす必要があります。以下は、主要な要件の一部です。

1. 輝度の制限

デイライトの輝度は1,440cd以下である必要があります。輝度は光の強度を示す単位で、この値が大きいほど、デイライトの照射距離が遠くなります。欧州の基準では1,200cd以下とされています。

2. 他の交通に妨げにならないこと

デイライトの光線は他の交通に妨げになってはいけません。光は周囲の車両や歩行者に適切に配慮し、安全に点灯する必要があります。

3. 白色の光

デイライトの光は白色である必要があります。他の色は許容されていません。

4. 灯具とレンズの状態

デイライトの灯具は損傷していないこと、レンズが重度に汚れていないことが求められます。定期的な点検とメンテナンスが重要です。

5. 取り付け位置の安定性

デイライトの取り付け位置は車両に対して安定しており、揺れないことが求められます。

6. 照明部分の面積

デイライトの照明部分の面積は25平方センチメートルから200平方センチメートルの間である必要があります。

これらの安全基準を遵守することで、デイライトは車検合格を取得することができます。詳細情報は、国土交通省が発表した道路運送車両の安全基準を参照してください。

デイライトの取り付けに注意する

デイライトの取り付けに注意する

デイライトを車両に取り付ける際には、以下の要点に留意することが重要です。

1. 取り付け数とエッジ間隔

一般的には、デイライトは2つ取り付けることが多いですが、二輪車の場合は1つまたは2つの取り付けが必要です。最も内側のエッジ間隔は車幅に応じて適切に設定する必要があります。

2. 照明部分の高さ

デイライトの照明部分の高さは、地面から250mm以上、1500mm未満に設定する必要があります。

3. 対称位置の設置

前後対称の車両に取り付ける場合、車両中央面の対称位置に設置する必要があります。車両デザインに合わせて調整します。

4. プロの専門家に依頼

デイライトの取り付けには、専門知識を持つ自動車整備士や専門の装着工場を利用することをおすすめします。適切な取り付けが行われることで、デイライトの性能と安全性が確保されます。

以上がデイライトに関する重要な情報です。昼間走行灯を適切に取り付けて、安全で快適な運転を心掛けましょう。

 

製品保証について

Our customer support is available Monday to Friday: 8am-8:30pm.Average answer time: 24h

送料無料

日本全国どこでも送料無料!数量やお値段に関係なく送料無料ですので、1点からお気軽にこ注文ください

顧客サービス

製品に関するご質問や不具合がございましたら、ご遠慮なくお問い合わせください。

友達を紹介する

お友達を紹介して適切な商品を購入し、高いポイント還元を受けることができる

安全な支払い

クレジットカード・・コンビニ後払い・代金引換