T10バルブ

suparee製LEDバルブ(ポジション球)の取り付け手順と交換後の確認事項

suparee製LEDバルブ(ポジション球)の取り付け手順と交換後の確認事項 SUPAREE

  1. suparee LEDバルブ(ポジションランプとして)の取り付けの手順
    1. 必要なものを揃える
    2. ポジションの位置を探す
    3. レバーを引いてボンネットのロックを解除する
    4. ボンネットを開けて固定する
    5. レンズからバルブを外す
    6. ソケットからバルブを外す
    7. 交換用のバルブと取り換える
    8. 逆の手順で組み付けて装着
    9. 点灯確認
  2. バルブの交換後に確認する事
    1. バルブの点灯確認
    2. 不点灯の場合に無灯火違反で止められる危険性あり
  3. もし点灯しない場合は?
    1. 逆の極性に取り付けている場合がほとんど
    2. 点灯しない場合はほとんどがバルブ
  4. 記事のまとめ
  5. 弊社LEDバルブ(T10)が気になる方向け
    1. 購入方法①公式ページ
    2. 購入方法②Amazon
    3. 購入方法③楽天

 

今回はインプレッサ(GDB-F/G型)を元に弊社のT10バルブの交換をしますが、車種によってはバルブの形状が変る場合もあります。

なので、実際に交換する場合は形状に注意して交換しましょう!

必要なものを揃える

まず初めはポジションランプの交換に必要なものです。

今回は特に取り外しに必要な物はないので、交換用の弊社バルブ(suparee製LEDバルブ(T10))のみあれば大丈夫です。

ポジションの位置を探す

準備が出来たらポジションランプの位置を探しましょう。

インプレッサ(GDB-F/G型)の場合は赤〇の位置です。

左下がハイビーム。右下がロービーム(ヘッドランプ)になります。

レバーを引いてボンネットのロックを解除する

位置が把握出来たら、レバーを引いて
ボンネットのロックを解除しましょう。

レバーはだいたい足元周辺やダッシュボード付近にあるので、他の車種の場合は探してみましょう。

ボンネットを開けて固定する

ロックが解除出来たらボンネットを開けましょう。

ボンネットを開ける場合は、半開き状態から内側の爪をずらしてフックから離します。

解除後⇒車体側とボンネット側の仮止めをずらす⇒ボンネットを開けて固定するの順でやりましょう。

レンズからバルブを外す

外すバルブが理解出来たらバルブを取り外していきます。

まずはレンズからソケット事引き抜く作業。引き抜く場合は反時計回りに回すだけです。

反時計回りに回すことで外れます。

ソケットからバルブを外す

ソケットからバルブを外す場合は手前に引き抜くだけ

バルブの差込口がソケットの爪に固定されている
だけなので、引っ張るだけで簡単に抜けます。

手順で表すなら以下の通り。

①矢印方向に引っ張る
②ソケットからバルブを引き抜く

交換用のバルブと取り換える

バルブを引き抜く事が出来たら、交換用の物と取り換えます。

今回は純正ハロゲンバルブ→suparee製ポジションバルブに交換となります。

形状はT10タイプ。車種によってはT16も
あるので交換する時は注意しましょう。

A:どう違うの?

筆者:違いはサイズで見分けることができるよ。

差込口はT形状なのでどちらも同じですが、バルブ自体のサイズが10mmか16mmで異なるので見分け方は比較的簡単です。

逆の手順で組み付けて装着

差込まで出来たら後は逆の手順で組み付けるだけです。

バルブを車体にはめ込む⇒時計回りに回して固定。

点灯確認

一連の流れが終わったらあとは点灯確認です。ポジションランプが正常に点灯するのかを見ましょう。

実際に点灯してみると夕方でもそこそこの明るさですが…

夜間になれば明るさは一目瞭然です。

問題なく点灯ができれば作業は
これで終了となります。

お疲れ様でした。

・ここまでやって慣れた人なら2~3分程度
・慣れていない人でも10分程度で終わります。

バルブの交換後に確認する事

確認内容としては点灯確認を忘れずにすることです!

上記でも説明しましたが、必ずバルブの点灯確認をしましょう。

交換後の点灯確認は大事なことで、
夜間の走行にも大きく影響を与えます!

たとえば昼間に交換をしてそのまま点灯確認をしなかった場合…

仮に夜間に使う用事ができたとしても、
不備があった場合に点灯する事がありません。

そうなった場合は、原因の探求⇒原因不明で直すのに手間がかかると言った事になります。

また、球切れが原因だった場合に代用として
ショップに買いに行くこともできなくなります。

不点灯の場合に無灯火違反で止められる危険性あり

また、不点灯のまま公道走行する事で無灯火違反で止められる危険性も出てきます。

ポジションランプは条件を満たした時に点灯させることが決められている以上、不点灯の場合は無灯火違反に該当します。

 

車両等は、夜間(日没時から日出時までの時間をいう。以下この条及び第63条の9第2項において同じ。)、道路にあるときは、政令で定めるところにより、前照灯、車幅灯、尾灯その他の灯火をつけなければならない。政令で定める場合においては、夜間以外の時間にあつても、同様とする。

【道路交通法第52条】

 

簡単に解説すると

夜間に走行をする場合は、前照灯・車幅灯・尾灯その他の灯火を点灯させましょうねという事。

※前照灯=ヘッドライト
※車幅灯=ポジションランプ
※尾灯=テールランプ

とはいえ、正直あまり細かく確認のされようがないので、止められると言う事はほぼありません。

ですが、ふとした時に検問などでついでに確認される事もあるので必ず点灯するように治すことが大切です。

もし点灯しない場合は?

逆の極性に取り付けている場合がほとんど

まず点灯しない場合によくあるのが、プラスと
マイナスを逆の極性に取り付けている場合がほとんどです。

バルブには基本的にプラスとマイナスの極性があり、正しくつなげる事で点灯しています。

ですが、極性が逆になると電気が伝わら
ないので点灯しなくなってしまいます。

なので、その場合は極性を合わせてあげると問題なく点灯が出来ます。

※ただ、弊社LEDバルブは無極性なのでどちらでも点灯します。

点灯しない場合はほとんどがバルブ

また、もう一つはバルブの球切れがあります。

バルブの球切れについては中古のバルブを
購入した場合によくある事です。

基本的にLEDは寿命が長いのでそうそう壊れる事はありません。

ですが、バルブは使い続ければいずれは使えなくなるもの。

中古品に関しては誰がどのくらいの期間使った
ものなのかわからず、寿命もまちまちです。

そこにたまたま購入したバルブがちょうど
寿命が来て球切れを起こすという訳です!

また、ごくまれに初期不良で点灯しない場合もあります。

なので、今回のように出来る限りメーカー品や値段に見合ったものを選ぶと失敗のリスクは減らせます。

記事のまとめ

以上、弊社LEDバルブ(ポジションランプとして)の装着手順をご紹介しました。

記事でもわかる通り、今回取り付けたのは弊社【suparee製LEDバルブ(T10)】。

LEDバルブ(T10)は、弊社(suparee(スパリー))から販売されているバルブです。

昼間や夕方でも明るいのが特徴で、超高発光効率の3030LED素子を中央に4連。周囲に7020SMDを6基搭載する事で、360度全方位照射により想定以上の明るさを実感できます。

また、取り付けに関しても簡単で、順を追って作業をする
ことで自分でも交換ができるようになります。

もしこれからDIYで取り付けをしてみたい方は是非とも参考にしてみてください。

コメントを書く

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。

公式直営店舗です。安心してお買い物をお楽しみください。

送料無料

日本全国どこでも送料無料!数量やお値段に関係なく送料無料ですので、1点からお気軽にこ注文ください

顧客サービス

製品に関するご質問や不具合がございましたら、ご遠慮なくお問い合わせください。

友達を紹介する

お友達を紹介して適切な商品を購入し、高いポイント還元を受けることができる

安全な支払い

クレジットカード・・コンビニ後払い・代金引換