H4とH7:その本質的な違いは? H4ランプ技術解説

  • H4とH7のバルブの詳細な技術的違いとその影響

    H4ランプの深い歴史とその革新

    長年にわたり、H4ランプは自動車照明の中心的存在でした。これはバイラックスランプとしても知られ、その名の通り、バルブ内には2つのフィラメントが内蔵されていました。この独特の設計のおかげで、ドライバーは1つのバルブでロービームとハイビームの両方を使用することができました。

    このデュアルフィラメント設計のおかげで、ロービームをオンにすると、特定のフィラメントが点灯し、ハイビームをオンにすると、もう一方のフィラメントが照らされます。この一貫した切り替えは、車の運転者にとって安全で効率的な夜間運転を可能にしました。

    H7ランプの出現とその特性

    H7ランプの技術は、H4ランプの基本的な概念を引き継ぎながら、いくつかの根本的な違いがあります。その最も明白な違いは、H7は単一のフィラメントしか持たないことです。この単一フィラメントの概念は、H4の2つのフィラメントシステムとは対照的です。したがって、1つのヘッドランプに2つのH7ランプを組み込む必要があります。

    H4とH7の違いの実際的な影響

    光出力の面での相互作用により、H7システムはH4よりも明らかに優れています。しかし、それは追加のコストとともにきます。H7ランプを使用する場合、2つのバルブが必要になるのではなく、実際には4つのバルブが必要になることがあります。このため、ランプの寿命やその他の関連コストを考慮すると、H7は長期的にはコストがかかることがある。

    H4からH7への交換:真の複雑さ

    H4とH7のバルブの違いは単純ではありません。これら2つのランプタイプの間には、ベースプレートタイプやフィラメントの位置など、多くの物理的および技術的な違いがあります。その結果、H4をH7に簡単に交換することはできません。実際、それを試みると、非常に不均一な光分布や他の多くの問題が発生する可能性があります。

    また、一部のドライバーはアダプターを使用してH7バルブにH4ソケットを取り付けることを検討するかもしれませんが、これは推奨されません。理由としては、不適切な光の配布や安全基準の問題が挙げられます。特に、夜間運転中に他のドライバーにとって混乱を引き起こす可能性がある。

    結論

    H4とH7のバルブは、それぞれが独自の長所と短所を持つ異なる技術です。H4はその2つのフィラメントの設計で歴史的に評価されてきましたが、H7はそれよりも最新の技術を採用しており、多くの現代の車に組み込まれています。しかし、これらのバルブ間の違いを理解することは、適切な選択をするために不可欠です。

製品保証について

Our customer support is available Monday to Friday: 8am-8:30pm.Average answer time: 24h

送料無料

日本全国どこでも送料無料!数量やお値段に関係なく送料無料ですので、1点からお気軽にこ注文ください

顧客サービス

製品に関するご質問や不具合がございましたら、ご遠慮なくお問い合わせください。

友達を紹介する

お友達を紹介して適切な商品を購入し、高いポイント還元を受けることができる

安全な支払い

クレジットカード・・コンビニ後払い・代金引換