車の安全性向上の極意:適切なウィンカーポジションの設置

ウィンカーポジションの法定事項と安全基準

車両の安全性を高め、合法性を確保する上で最も重要な要素は、正確なウィンカーポジションの設置です。このポイントを確認するには、ウィンカーポジションに関する法定事項を理解することが不可欠です。

ウィンカーポジションの色と統合要件

現行の道路交通車両安全基準によれば、ウィンカーポジション(位置灯またはサイドランプとも呼ばれる)は白色でなければならず、構造的にはウィンカー、ハザードランプ、またはサイドランプ(マーカーランプ)と統合されている必要があります。履帯やそりなどの機器を備えた車両、例えばスノーモービルのようなものは橙色を選択することができます。乗用車は基本的に白色である必要がありますが、ウィンカーポジションの色は一致している必要があります。そのため、橙色のウィンカーとの統合も認められています。

明るさと数量の規定

さらに、ウィンカーポジションの明るさは300cdを超えてはならず、車両には2つまたは4つのポジション灯が必要です。夜間、ライトが前方に向けて300メートルの距離を照らす際に、ウィンカーポジションは非可視の条件下で識別できる必要があります。最近の「その他のランプ」の急増により、追加の考慮事項が発生しています。これにはイノベーティブなデザインが含まれ、車両のフロントにウィンカーポジションを設置するミラー統合ウィンカーがあります。ミラー統合のウィンカーは車両のサイドと見なされます。

「その他のランプ」の規定

「その他のランプ」に関しては、明るさは300cd未満である必要があり、色は赤であってはなりません。この条件はオリジナル装備メーカー(OEM)のサイン(照明)やアフターマーケット製品にも適用されます。複雑な要件ではありますが、これらの仕様に従うことでウィンカーポジションが車両の検査基準に準拠していることが確実になります。

取り付けと配線設定

ウィンカーポジションの取り付け位置によって、配線設定は異なる場合があります。電子部品の取り付けに慣れている人にとっては簡単な作業ですが、経験の浅い個人は自動車部品店で専門家の助けを求めることができ、スムーズなプロセスを得るために取り付け費用を支払うことができます。一部の組織は、商品を購入する際に数千円の包括的なソリューションを提供しています。

配線接続とワット数の制限

車両の検査に関しては、ウィンカーポジションの位置は通常、コントローラー、ヒューズ付きの専用ワイヤーハーネス、および取扱説明書と共に配備されています。配線接続の手順には、黒いワイヤーハーネスをバッテリーのボディ接地に接続し、赤いワイヤーハーネスをバッテリーの正極に接続し、左右のウィンカーをそれぞれのワイヤーに統合するといった作業が含まれます。注意すべきは、ウィンカーポジションの位置のワット数は左右のウィンカーの規定制限を超えてはならず、これを超えると故障や損傷の原因になります。

適合性のある製品の選択

ウィンカーポジションの位置にはさまざまな選択肢があります。メーカー固有およびモデル固有のタイプ、8ピン設定との互換性、および高速点滅(ハイフラッシャー)を防ぐオプションなどが含まれます。少なくとも、安全法令第34条の車両検査基準に適合していると公言している製品を選択することをお勧めします。

製品保証について

Our customer support is available Monday to Friday: 8am-8:30pm.Average answer time: 24h

送料無料

日本全国どこでも送料無料!数量やお値段に関係なく送料無料ですので、1点からお気軽にこ注文ください

顧客サービス

製品に関するご質問や不具合がございましたら、ご遠慮なくお問い合わせください。

友達を紹介する

お友達を紹介して適切な商品を購入し、高いポイント還元を受けることができる

安全な支払い

クレジットカード・・コンビニ後払い・代金引換