インフルエンサーのレビュー

SUPAREE LED ホワイト 6500K H11 18000LM ファン付き SUPAREE

SUPAREE LED ホワイト 6500K H11 18000LM ファン付き

PanRichard

「フォグと言えばイエローだな」今までイエローか電球色のフォグばかり購入してきたが遂に掟は破られた。私は雨の夜は電球色かイエローが見やすいと思い込んでいるため決してホワイトには目もくれなかった。街を走る新車の純正フォグはLEDホワイトばかり。社用車アクアのLEDホワイトのフォグなんか路面照らしてんの?暗い。スモール並み。その印象が植え付けられているのである。そんなある日、なんとなく6000K以上の白いLEDフォグのAmazonレビューを読んでみたら、明るいとか見やすいとか書いてある。「本当なのかなぁ…?」そういえば、一度も色温度6000K以上のホワイト色フォグをまともに買ったことが無い。買って試してもいないのにイエローの方が見やすいとよくもまぁ断言できますなあんさん。と指摘されてもおかしくない。などと、イエロー信者であるが故の言い訳を思いついてしまった。それからである。ふと気づいたら私のAmazonアカウントのお気に入りにホワイトLEDフォグがいくつも並んでいた。そうなってしまったら、もう購入に向けてまっしぐら。先日タイムセールで安くなった瞬間、私の中の悪魔が登場し勝手にマウスを操作。LEDフォグ 6500K 片側9000lm 片側45Wをカートに入れて注文ボタンを押していた。そしてニヤニヤしながら取付け。(・∀・)♪第一印象「明るい!」今ヘッドライトに装着している同じメーカーのD2S用6500K16000lmLEDと路面を照らす色が同じだから、ヘッドライトの照射範囲を拡大した感じになったので単純に視界が広くなった。真っ暗な田舎道や峠道で有効かも。今日は晴れているのでとても見やすい。これはいいかもしれないねえ。でも、本来のフォグランプの使い方は悪天候時のみ点灯するべき補助灯であり、濃霧や雨天の視界不良を補う存在です。だから晴れの日にフォグのインプレするのは晴天時フォグ点灯行為を認めることになるためよろしくないことだと私の中の天使が叫んでいます。なので、今回の晴れのインプレは私の中の悪魔のタワゴトなので参考情報として聞き流してください。雨の日の見え方がどうなのか、そろそろ梅雨の時期なのでこれからタップリ試してみようと思います。ひとまず余は満足じゃ。※2022年5月22日8:00追記フォグとは直訳で「霧」のことなので晴れの日に使うものではないと言う意味でレビューを書きました。しかし、「補助灯」という言葉の意味を考えるとヘッドライトの光が届かない所を照らしたり暗い交差点の右左折で人が居ないか、照明の無い細い山道に障害物が落ちてないか、安全運転のために必要であれば状況に応じて晴れの日も使用すべきかも知れません。逆に言えば、街灯が豊富で周囲が明るい都内・市街地・対向車や人が多い場所では補助灯も必要無いので消した方が無難です。。箱が今回の製品。隣の白いLEDは見易くてお気に入りの4300K電球色LED。絶版。あれ?写真だと黄色掛かって見える。肉眼だともうちょい青白系ですウィポジとハイビームデイライトOFFにしてみたがあまり変わらん。肉眼ではポジション球と同じ色味です。雨天の見やすさは後日確認。ドライバー目線でヘッドのみON。右折時横断歩道の歩行者が見にくいヘッド+フォグONで側方が良く見える。メーター映り込みの少なさが周囲の明るさを物語っている---------------------------------------------------------みんカラ けじち 様 から