インフルエンサーのレビュー

LEDヘッドライトとHID ヘッドライトの王様はどっちだ?

LEDヘッドライトとHID ヘッドライトの王様はどっちだ?

PanRichard

LEDヘッドライトとHID ヘッドライトの王様はどっちだ? LEDとHID、車のライトに詳しい人なら知らない人はいないと思いますが、どちらもオリジナルのハロゲン車のライトをグレードアップするための良い選択肢です。 しかし、選択肢が増えたことで、比較対象には事欠かない。 そのため、現在のカーライト業界では、LEDとHIDのどちらが優れているかという問題も激論を呼んでいる。 HIDLEDヘッドライトとは?   HIDとは、キセノンランプの略で、高圧ガス放電ランプのことです。 紫外線に強いクリスタル石英ガラス管にキセノンガスなどの不活性ガスを封入し、バラストを介して車両の12V電源を瞬時に23,000Vまで上げ、高電圧でキセノンガスをイオン化し、電源の2極間で光源を発生させることで生成される。   キセノンランプはハロゲンランプと比較して多くの利点があるが、簡単にまとめると次のようになる。   1、3200ルーメンの明るさのキセノンヘッドライトは、ハロゲンヘッドライトと比較して、明るさが3倍に増加しました。   2、一般的な車のキセノンヘッドライトは35ワットで動作しますが、元の車のハロゲンランプは60ワットで、40%近く省エネに比べます。   ハロゲンランプの寿命が500時間であるのに対し、キセノンランプの寿命は3、6倍で、3000時間以上に達することができます。   4、色温度より青白い光、この青白い光はかなり道路標識や標識の明るさを向上させます。 道路走行の安全性を高める。...

LEDヘッドライトは自動車開発のトレンドになる

LEDヘッドライトは自動車開発のトレンドになる

PanRichard

今回は、自動車用ヘッドランプの開発と、アローのLED自動車用ヘッドランプソリューションについてご紹介します。 ヘッドライトデザインの進化 自動車の誕生当初から、照明にはパラフィンランプ(1886〜1904年)が使われており、ヘッドランプのデザインはないに越したことはなかったのである。 時代の変遷とともに、パラフィンランプは光度が低いため、すぐにアセチレンランプ(1905〜1925年)に取って代わられた。 電気照明の発達と電球の耐久性向上により、欠陥のあるアセチレンランプは自動車照明の歴史の表舞台から徐々に退き、白熱灯の高性能化に取って代わられることになった。しかし、一般的な白熱電球の発光力は高くないため、よりエネルギー効率の高いハロゲンランプが誕生し、次第に自動車用ヘッドランプの主流となった。 しかし、白熱灯の明るさ、消費電力、寿命の短さなどの欠点に対して、1990年代に自動車ランプの専業メーカーであるヘラ社が、従来のフィラメントの代わりに高圧不活性ガスを石英ランプに封入してタングステンフィラメントの発光原理を改良し、より明るいキセノンランプヘッドランプを市場に送り出した。キセノンヘッドランプの直後、LEDヘッドランプはコンセプトカーに多く見られるものの、まだ普及しておらず、技術やコスト、規制の関係で、近年になってようやく自動車に採用されるようになった。 LEDヘッドランプのメリット 現在実用化されているヘッドライトは、主にハロゲンライト、キセノンライト、そして新たに登場したLEDライトで構成されています。 ハロゲンライトは発光効率が低く、発熱量が多いという欠点があり、明るさも比較的低いため、一般的に自動車に標準装備されており、現在ではドライバーのニーズに応えることは困難です。 一方、ハロゲンランプの寿命も比較的短く、通常の場合、ハロゲン電球の寿命は約1000時間までである。また、ハロゲンランプの外観はくすんでおり、二重丸ランプにしかできないため、ランプの形状が限定される。高級車ではキセノンヘッドランプが主流ですが、集光性が悪く、明るすぎて対向車のドライバーを揺さぶり、事故につながる可能性があります。 また、最も致命的な欠点は、キセノンライトが遅延効果を持っていることです。これは、キセノンヘッドライトの動作原理によるもので、点灯するのに2〜4秒かかり、車が高速で移動しているとき、ホーンはしばしば役に立たないので、ヘッドライトを使って前の車両を「振る」必要がありますが、キセノンヘッドライトによって、それは助けるのが遅いでしょう。出現の LED ライトに非常に高く明るい効率の利点があります、LED ライトは光エネルギーに LED を通した電気エネルギーの直接転換です、従って LED ライトはまた冷光の源として知られています、実用温度は一般に 50 から...

SUPAREE 電動空気入れ(バッテリー内臓) SUPAREE

SUPAREE 電動空気入れ(バッテリー内臓)

PanRichard

車2台、ママチャリ1台、ロードバイク2台、折りたたみチャリ2台あるので、購入してみました。チャリに固定できるバックに入っています。4500mAhのバッテリー搭載し、付属品を使えばほぼすべてのものに対応できそうです。車のタイヤは2k入れるのに約1分。ロードバイクは30秒以内。空気量の違いに改めて気づかされました。5つの種類(車、ママチャリ、ロードバイク、ボール、その他)で圧力メモリー可能。空気圧の単位は「PSI」「BAR」「KPA」「kg /cm²」4種類から選択可能。裏側に小物入れがあるのも実用的。音はタイヤ注入時に耳元で86dbほど。しっかり設定値で停まります。家の中ではうるさいですが、外では特に問題ないと思います。ロードバイクはフレンチバルブなので、最初は設定値通りに入りませんでしたが、何度か試しているうちに多少多めの設定値でうまく入る数値を見つけました。ママチャリは問題なく設定どおりに注入完了。車は、多少多めに入れて最終確認はエアゲージを使って減圧しながら調整するのがベストと思います。結構熱くなるので、ゆっくりと落ち着いて入れました。4本で10分未満です。 汗もかかず楽ですね。3年も持てば十分でしょう。 小物入れがあるのは便利❣付属のフレンチバルブ用アダプタを付けて問題なく入ります。ロードバイク用空気入れで圧力確認---------------------------------------------------------------------------みんカラ プロストファン@草加様 から