バイクのヘッドライトの仕様はどのように分割するには?

バイクのヘッドライトの仕様はどのように分割するには? SUPAREE
どのタイヤを使用するのに最適な一般的なランプの仕様/スクーターバイクを知るためにあなたを一度取る
オリジナルMOTO MOT0 2021-03-19 20:32
バイクのヘッドライトの仕様を分割するには? 一般的なランプの仕様を知るために一度あなたを取る


道路運送車両にとって、ヘッドライトは不可欠な装備と言える。 現在市場に出回っているのは、1960年代に発売されたハロゲンランプが主流である。 車種構成や自動車メーカーの設計によって細部に多少の違いはあるものの、大まかな仕様に大きな隔たりはない。 今日は、バイクによく使われている各種ハロゲンバルブのスペックをご紹介しましょう。



ヘッドライトは道路走行には欠かせないパーツである。



M5(H6)

通称スモールディスクと呼ばれるバルブで、仕様的には2種類あり、PHILIPSはM5、OSRAMはH6と呼ぶ。 ベースディスクが他の仕様より小さいため、スモールディスクと呼ばれる。 また、同じ仕様でディスクのないタイプもあり、M5(H6)バルブにはフィラメントが2組入っているが、これは遠用・近用共通である。 ディスクには方向性を示すラグが1つあり、後述の他のサイズがソケットの形で電源との接続点を持つのとは異なり、ディスク自体は通常の電球のようにバネの圧力で接続される。 底面の2つの接点は、ライトのプラス極とディスクのマイナス極用である。


M5(H6)電球、通称スモールディスク。





M5(H6)の別サイズで、底面の接点がピン・デザインではなくバンプ・デザインになっている。

M5(H6)バルブの仕様が小型でワット数が低いため、電力は通常18~35ワット程度で、相対温度は低い。 黎明期の材料技術の限界から、プラスチック製ライトシェルを持つ車のほとんどはM5(H6)電球を使用しています。 排気量や発電能力にもよるが、M5(H6)を1~3セット使用すれば十分な照射範囲が得られる。 近年、自動車メーカーはM5(H6)を照明効果の高いHS1に置き換えており、M5(H6)の市場での認知度は徐々に低下している。



国産クラシックレーシングカーのYAMAHA FZR150にはM5(H6)バルブが採用されている。

H4

M5(H6)よりかなり大きく、他のディスクサイズに近いH4もバイクの主流仕様。 ディスク自体には3つのラグがあり、バルブの向きを決める。 また、バルブには遠用と近用の2組のフィラメントが入っており、H4は遠用と近用のランプにプラスとマイナスの端子を持つ3本爪のベースがあり、プラグによって車両の電源に固定される。



H4には3つのピンと3つのダンピング防止ラグがある。

H4バルブはワット数が高く(一般に55W/60W)、点灯効果はM5(H6)よりはるかに優れている。 国産車の黎明期にはコヨーテ、FZなどのガラスランプシェードモデルがH4仕様を使っている。 近年、材料技術の進歩により、樹脂製ライトシェルも良好な高温耐性を持つことができるため、近年、H4ライトセット搭載車にも樹脂製ライトシェルが多く採用されている。 H4も自動車によく使われる仕様なので、バルブの選択肢も多く、より良い照明効果を得るためにM5(H6)ランプをH4に交換する車好きも多い。


LED仕様でなくても、純粋なシングルランプ仕様の市販車のほとんどはH4仕様である。



ソクタの多くのモデルもH4ヘッドランプを採用している、写真はPGOボン125。

メートル級以上の排気量の多い車種では、発電システムに余裕があるため、デュアルH4ランプ(ヘッドランプ点灯時110ワット)の設計を採用し、自動車並みの照明効果が得られる車種もある。


大排気量ツーリングカー、KAWASAKI 1400GTRのデュアルH4ヘッドランプ。

H7

H7サイズのバルブはフィラメントが1本しかないため、レンズで拡大しないとロービームとハイビームの兼用ができず、H7のベースはバルブの向きを決めるラグが1本で設計されている。 H7のベースは、バルブの向きを決めるラグが一つで設計されており、内部にフィラメントが一つしかないため、プラスとマイナスの二つのピンがあり、プラグによって電源に接続されている。



H7バルブには2つのピンと1つのラグがある。

H7とH4は自動車でもよく使われ、主に欧州車のロービームに使われる。 機関車では大型重機に多く使われ、通常2組のH7がハイビームとロービームをそれぞれ担当する。 一般道では、サイクロプスヘッドライトのデザインを見ることができ、大型車にはハロゲンバルブが使用され、通常はH7仕様が使用される。 最近では国産車でもH7型が使われ始めている。 H4と同じ共通仕様なので、選択肢は多い。



欧州車のドームランプはH7が一般的。



輸入車の大型車はH7仕様のサイクロプスデザインが一般的。


国産車ではKYMCO DownTown 350iにもH7が採用されている。

国産車ではKYMCO DownTown 350iにもH7が採用されている。


2014 YAMAHA YZF-R1はサイクロプス仕様ではないが、ロービームとハイビームを切り替えるレンズ付きシングルフィラメントH7バルブを採用。

HS1

HS1は外観的にはH4に非常に近く、ロービームとハイビームのフィラメントは同じで、ベースはトリプルラグだが、唯一の違いはラグの大きさで、HS1のラグよりわずかに小さいため、H4のバルブはHS1のソケットに適合するが、HS1のバルブはH4のソケットに適合しない。

HS1は外観的にはH4に非常に近く、


HS1はH4と外観が似ているが、ワット数が低い。

HS1も主に機関車に使用される仕様で、H4もダブルフィラメント設定ですが、ワット数が低く、通常遠近各35wで、ダブルライト設計の一度に2つのバルブを点灯する必要がある場合、バイクの電気系統への負担があまり大きくならず、発光効率もM5(H6)より良いので、M5(H6)ランプモデルの代替品と言え、現在では国産車各種、最もポピュラーなランプモデルです。



SYM Z1 AttilaにはHS1バルブが装着されている。

SYM Z1 AttilaにはHS1バルブが装着されている。


レーシングキングは、HS1ヘッドランプを2セット装備しており、ライト点灯時に同時に点灯するように設計されている。

H17

H17は、SYMがJET Sに初めて採用したヘッドライトの仕様である。バイク専用に開発された新しい仕様で、ロービームとハイビームが一体化したデュアルフィラメントヘッドランプで、トリプルラグベースだが、HS1とは幅が異なり、溝も追加されている。 ルーメン数は同じワット数のHS1より15%高く、点灯効果は反射面が小さくてもECEとFVMSSの仕様をクリアできる、つまり反射面が小さい方が効果が高いので、HS1の強化版と言える。 JET S以降に発売されたSYMの新型車にもH17が相次いで採用されているほか、KYMCO Racing Sなど他の自動車メーカーもH17を採用しており、今後は小排気量車のハロゲンランプ仕様の主流になっていくだろう。



SYM JET Sが初めてH17仕様を採用した。

SYM JET Sが初めてH17仕様を採用した。


KYMCO Racing SはH17 35Wデュアルイーグルアイヘッドランプを採用。







機関車では少ないH9とH11

H9とH11は同じ系列のヘッドライトバルブと考えられ、どちらもシングルフィラメント・バルブ用のL字型プラスチックソケットを備えている。 くすみ防止デザインは、L字型ソケット内のラグのバリエーションに依存している。 一般的に、H9は主にハイビームで使用され、H11は主にロービームで使用される。



H11バルブもH9バルブと同様にL型ソケットを採用。

KAWASAKI ZX-14Rは、近い光のために2つのH11の使用であり、遠い光のために2つのH9が、55W(H11)と65W(H9)の電力であったが、光が110Wを必要とするときにちょうど平坦なことが多く、遠い光が4つのランプが240Wにすべてオンになっているときに点灯した場合、電源システムは、通常、大規模な排気モデルの上にアップグレードされたメトリックでのみ、ロードすることができない可能性があり、強力なモデルではありません。 通常、メートル級以上の排気量の大きい車にしかない。

KAWASAKI ZX-14Rはよく自動車の世界で6つの目の怪物と呼ばれ、その6つの目は2つのポジショニングライト、2つのファーライト、2つのニアライトで構成されています。

新世代トレンドLED

上記のバルブ仕様はハロゲンランプやHIDのものだが、現在ではLEDランプが様々な分野で普及している。 LEDランプ特有の発光特性に加え、小型化のメリットもあり、自社車にLEDヘッドランプを装備する自動車メーカーが増えており、近年のトレンドと言える。



近年、LEDヘッドランプを搭載する自動車メーカーが増えている。

LEDヘッドランプは、ハロゲンバルブのようにランプホルダーがバルブと分離しているのではなく、ランプホルダーと一体型になっているのが一般的だ。 そのため、市販のLEDバルブでは交換が難しい。 一般的に市販されているH4 LEDやH7 LEDなどは、従来のランプベースが異なる車種でもLEDを使用できるようにメーカーが開発した製品である。



LEDの小型化により、自動車メーカーは設計の自由度を高めることができる。 しかし、フュージョンランプホルダーのデザインは、カーオーナーが自分で電球を改造することを難しくしている。



HONDA RC213V-SはLEDヘッドランプを採用しているため、公道仕様車ではオリジナルのフロントエンド形状を維持している。


スクーターに最適なタイヤは?


バイクの改造は、まず地面に近い部分から始めるとよく言われるが、地面に一番近い部分とは、路面に直接接してパワーを伝えるタイヤである。 バイクのタイヤは消耗品であるだけでなく、多くのライダーが最初に触れる改造のひとつでもある。 様々なタイヤブランドが発売されており、自分に最適なものを見つけるのは難しい。 選択する前に、スクーターモデルのライダーからの声をはじめ、多くのライダーの意見を集めてまとめたおすすめのタイヤブランド5選を参考にしてみてはいかがだろうか。







まず変えるべきはタイヤ。 しっかりと地面をとらえるタイヤだからこそ、走る歓びを存分に体現できる。





5位:ミシュラン(30)

1889年、フランスのミシュラン兄弟、アンドレとエドゥアールによって設立されたミシュラン・ミシュランは、世界で最も直接的な連想は、同社のマスコットであるミシュラン・ベイビーに違いない。人間の姿のようなタイヤの山からインスピレーションを得たミシュラン・ミシュランは、ホイール世界の巨人になるというビジョンに共鳴しているようだ。 ミシュランは現在、MotoGP(二輪世界選手権)の唯一の公式タイヤサプライヤーである。 さらに私たちの生活に身近なスクータータイヤの分野では、ミシュランはガソリンとモーターサイクルの両方に使えるCity Grip 2 / Saverシリーズに長年取り組んでおり、その優れたウェット性能は多くの通勤客に選ばれている。







ウェット性能をコアコンセプトとするシティグリップ2。







拡大する電気自動車市場に対応し、電気モーターのトルク特性に合わせてカウンターウェイトとラバー配分を再設計。






独自の排水パターンにより、冠水路でのトラクションを確保。

4位:ダンロップ(35)

1887年12月、イギリスの獣医ジョン・ボイド・ダンロップ(John B. Dunlop)は、息子の作り方のパイオニアである。 ダンロップ)は、彼の息子が三輪車に乗ることができるようにする方法に、外部からの衝撃を吸収するために車輪をより柔らかくする方法を考え、より快適な経験を持つことができ、その後、膨張ゴムチューブに発明し、木製のスポークに設定し、空気タイヤの原形となった。 国内市場では、軽自動車レース用に開発されたTT93 GPホットメルトタイヤとスクートスマートコンパウンドバイアスタイヤが人気である。





競技用ホットメルトタイヤのTT93 GPは、サーキットの過酷な要求に対応できる。

写真





スクートスマートも多くのライダーに選ばれている。

位 ブリヂストン BRIDGESTONE(30)

1931年、福岡県久留米市で石橋正二郎によって創業されたブリヂストンは、農機具用タイヤ、自動車用タイヤ、バイク用タイヤを生産する日本最大のタイヤメーカーである。 ペダル用や小型車用のレーシングタイヤも有名で、中でもグリップ力に優れたホットメルトタイヤ「BATTLAX BT-601」は国内市場でも有名で、製品サイクルがかなり長いにもかかわらず、多くの愛用者を抱えている。







BT601は優れたグリップで有名。







BT601にはレースを意識したWETレインタイヤバージョンも用意されている。

位 MAXXIS(42パーセント)

MAXXISブランドは、7年連続で「台湾の国際ブランドトップ10」に選ばれている台湾ブランド。 売上高と売上高は国内のゴムタイヤ業界で1位。 MAXXISブランドは幅広い製品ラインナップを持ち、あらゆる種類の高性能タイヤの研究開発に力を入れるとともに、国内のバイクレースへの参加も惜しまない。 主力のモーターサイクル用スポーツタイヤであるS98シリーズは、競技用とストリート用でバージョンが異なるだけでなく、オイル用とモーターサイクル用のオプションも用意されており、高性能モーターサイクル用タイヤの選択肢として即座に選ばれている。

S98シリーズは近年のスポーツ・マーケットで人気を博している。

S98シリーズには、ストリート用に加えてサーキット用のPlusバージョンも用意されている。

1位:ピレリ PIRELLI (57%)

独特の稲妻パターンで知られる100年以上の歴史を持つイタリアのタイヤブランド、ピレリは、使い勝手の良いコミューター用タイヤからトップレースで使用されるハイレベルなコンペティション用タイヤまで、バイクや自動車用タイヤを幅広くラインナップしている。 現在では、WSBK(スーパーバイク世界選手権)とF1(フォーミュラ・ワン選手権)のタイヤサプライヤーも務めている。 今回の調査でライダーから最も高く評価されたピレリ・ピレリのスクーター用タイヤは、スポーティな性能と耐摩耗性を両立させたディアブロ™・ロッソ・スクーターと、市街地走行とウェットなハンドリングを重視したエンジェル™・スクーターです。






Diablo™ Rosso ScooterとAngel™ ScooterはPIRELLIのメイントレッドタイヤです。







Diablo™Rosso Scooterはスポーティな性能を重視し、摩耗に重点を置いている。

写真:Diablo™Rossoスクーター





Angel™ Scooterはウェット性能に優れたアーバンタイヤです。



このコンテンツが好きな人はこんなコンテンツも好きです
小峰JK-127、フォールアウトジャケットから1年分の知見/ヤマハXSR900 DB40、英国で発表
MOT0
嫌いなもの

ホンダ・モンキー125、タイで発売/航続距離100km、5000Wモーター、最高速度88kmの超クレイジーなeBike
MOT0
嫌い

ダークグリーンにゴールド、2024年型カワサキZ900RSの新カラーリングが日本で公開 / 野獣の咆哮を解き放つ、エグザンがドゥカティ・モンスター用に新エキゾーストを製作

コメントを書く

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。

公式直営店舗です。安心してお買い物をお楽しみください。

送料無料

日本全国どこでも送料無料!数量やお値段に関係なく送料無料ですので、1点からお気軽にこ注文ください

顧客サービス

製品に関するご質問や不具合がございましたら、ご遠慮なくお問い合わせください。

友達を紹介する

お友達を紹介して適切な商品を購入し、高いポイント還元を受けることができる

安全な支払い

クレジットカード・・コンビニ後払い・代金引換