LEDテールランプ

テールランプに光を当てる:バルブ交換、LED、そして車両安全性の点検

テールランプに光を当てる:バルブ交換、LED、そして車両安全性の点検 SUPAREE

暗闇や悪天候下での運転では、ヘッドライトを点灯する必要があります。

ヘッドライトスイッチと密接に関連するのがテールランプです。

テールランプの故障は、後方からの衝突の大きな危険をもたらす可能性があります。この包括的なガイドでは、車の後部にあるテールランプの役割、検査を通過するための安全基準、そして知っておくべきすべてについて詳しく説明します。

テールランプ

テールランプとは?

テールランプ、またの名を「尾灯(Oitō)」とも呼ばれ、あなたの存在を道路上の後続車両や歩行者に知らせる役割を果たします。日本の道路交通法第52条によれば、夜間の運転時にはテールランプの点灯が義務付けられています。

したがって、ほとんどの車種では、テールランプはヘッドライトのスイッチと連動しています。ライトを点けると、ヘッドライトだけでなく、テールランプも同時に点灯します。

また、詳細な規定でテールランプに関する以下の要件が規定されています。これは、道路運送車両の保安基準の詳細を定める告示第37条によるものです.

テールランプ 交換

テールランプの安全基準

  • ライトの色は赤であること。
  • 夜間にその後方から300メートルの距離から点灯が確認でき、光源は5Wから30Wの範囲で、照明部の大きさは少なくとも15cm²であること。
  • 照射光線は他の交通を妨げないものであること。
  • ランプに損傷した取付具がなく、レンズが重度に汚れていないこと。
車 テールランプ

テールランプと他の後部ライトの違い

テールランプは、特に夜間や悪天候などの視界が悪い条件下で、後続車両に自車の存在を知らせる信号としての役割を果たします。自動車の後部には、テールランプ以外にもさまざまな照明部品があります。

ブレーキランプ(ストップランプ)

自動車(最高速度20km/h未満の軽自動車を除く)の後部両側には、ブレーキランプ、またはストップランプとも呼ばれるライトを装備する必要があります。

ブレーキランプは、ブレーキを踏んだ際に点灯し、道路運送車両の安全基準に関する詳細な規定に従います。

  • 昼間にその後方から100メートルの距離から点灯が確認でき、照射光線は他の交通を妨げないものであること。
  • 光源は15Wから60Wの範囲で、照明部の大きさは少なくとも20cm²であること。
  • ライトの色は赤であること。

テールランプとは異なり、ブレーキランプは昼夜を問わず点灯し、減速を示す即座の指標として機能します。これはまた、輝度が異なることも意味します。

led テールランプ

バックアップランプ(バックライト)

これらは白色のライトで、車両が後退したときにのみ点灯します。バックアップランプは、他の車両や歩行者に車両が後退していることを知らせる重要な役割を果たします。

道路運送車両の保安基準の詳細な規定には以下が含まれます。

  • 昼間にその後方から100メートルの距離から点灯が確認でき、照射光線は他の交通を妨げないものであること。
  • ライトの色は白であること。

テールランプとは異なり、バックアップランプの照明部品の数については特定の規定はありません。多くの車両が2つのランプを装備していますが、1つの場合もあります。

リアフォグランプ

これは欧州の車両でよく見られますが、ブレーキランプよりも明るい赤色のライトが装備されている場合があります。これは「後部霧灯」と呼ばれ、霧や大雨により前方の視界が制限されているときに、後続車両に自車の存在を知らせるために点灯します。

規定には以下が含まれます。

  • 照射光線は他の交通を妨げないものであること。
  • 光源は35W以下で、照明部の大きさは140cm²以下であること。
  • ライトの色は赤であること。
  • ライトに損傷した取付具がなく、レンズが重度に汚れていないこと。
  • ライトは前照灯または前部霧灯が点灯している場合にのみ点灯するようになっていること。

リアフォグランプは、霧や荒天時にその存在を示すためのものであり、無駄に点灯しないように注意が必要です。

テールランプのバルブ交換と修理について

テールランプのバルブ交換と修理について

道路運送車両法第47条によれば、車両の使用者は安全基準を満たすように車両を整備および点検する責任があります。先に述べた詳細な規定では、テールランプが車の後部に2つの赤色のライトで構成されていることが明記されており、一方のバルブが故障していても安全基準に違反します。

定期的な点検が重要であり、バルブが切れたことに気付いた場合は速やかに交換または修理することが必要です。

バルブを使用するテールランプの場合

テールランプには伝統的にバルブが使用されています。バルブ交換の場合、車両と互換性のある新しいバルブ(または「バルブ」)とドライバーまたはソケットレンチが必要です。

以下は手順の概要です。

 

  1. まず、車のエンジンを停止します。点灯後、冷却してから交換することが推奨されます。
  2. ブレーキランプが収納されているカバーにアクセスします。これは通常、トランク内にあります。カバーの取り付け方法は車によって異なります。
  3. ソケットをひねって取り出し、古いバルブを取り外して新しいものに交換します。
  4. ソケットの取り付け方法は、車によって異なります。分解前に写真を撮るなどして、どのように取り付けられたかを覚えておくと良いでしょう。

車のメーカーやモデルによってバルブの種類や交換方法が異なることに注意してください。詳細な手順については、車の取扱説明書を参照してください。

LEDテールランプの場合

近年、ハイインテンシティLEDの使用が増えたため、モダンな車両ではLEDライティングが一般的になっています。LEDは従来のバルブに比べて寿命が長く、切れにくいとされています。ただし、LEDは時間の経過とともに徐々に暗くなり、検査基準を下回る可能性があることに注意が必要です。

さらに、LEDテールランプは複数のLEDライトで構成され、1つのLEDライトが故障していても車両の検査に合格しない場合があります。そのような場合、ユニット全体を交換する必要があるため、ディーラーや修理工場の協力を得るのがベストです。

バーントアウトしたテールランプでの運転の結果

テールランプのバルブ故障やその他の整備上の問題は、車両の所有者や運転者にとって一般的なトラブルです。特にテールランプは車の後部に位置しており、バルブが切れていることに気付きにくいことがあります。

テールランプのバルブが切れている場合、これは「尾灯等の整備不良」として違反になります。違反に対する罰則は以下の通りです。

  • 大型車:反則金9,000円、交通違反点数1点
  • 普通車:反則金7,000円
  • 二輪車:反則金6,000円
  • 小型特殊車:反則金5,000円
  • 原付:反則金5,000円

道路上でバーントアウトしたテールランプで運転を続けると、整備不良(尾灯等)の交通違反が適用され、反則金が科されます。ですから、バルブが切れたことに気付いたら、迅速な修理が必要です。

まとめ

後部のライティングは運転者からは見えにくいため、テールランプなどのバルブが切れている車両を見かけることがあります。テールランプやその他の後部ライトは、後続車両に自車の存在を知らせ、事故を防ぐために極めて重要です。

日常的な点検を怠らず、ライトのバルブが切れていないことを確認することは非常に重要です。

よくある質問

Q1: テールランプの点灯が義務付けられている法的根拠は何ですか?

A1: テールランプの点灯が義務付けられている法的根拠は日本の道路交通法第52条です。

Q2: LEDテールランプの寿命はどのくらいですか?

A2: LEDテールランプは従来のバルブに比べて寿命が長く、通常数千時間以上持続します。

Q3: バルブ交換時に注意すべきポイントはありますか?

A3: バルブ交換時には車のエンジンを停止し、冷却した状態で作業することが重要です。また、取り付け位置や方法を写真に残すと作業がスムーズに進行します。

Q4: テールランプの点灯確認距離はどのくらいですか?

A4: テールランプの点灯は夜間にその後方から300メートルの距離から確認できる必要があります。

Q5: 整備不良のテールランプで運転するとどのような罰則がありますか?

A5: 整備不良のテールランプで運転すると、大型車では反則金9,000円と交通違反点数1点が科されます。普通車では反則金7,000円です。

 

コメントを書く

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。

公式直営店舗です。安心してお買い物をお楽しみください。

送料無料

日本全国どこでも送料無料!数量やお値段に関係なく送料無料ですので、1点からお気軽にこ注文ください

顧客サービス

製品に関するご質問や不具合がございましたら、ご遠慮なくお問い合わせください。

友達を紹介する

お友達を紹介して適切な商品を購入し、高いポイント還元を受けることができる

安全な支払い

クレジットカード・・コンビニ後払い・代金引換